<< この一年を振り返ってみると・・・ | main | 分かったりすることはできない自分を知ることから始まる。 >>
「知る」〜人として生きる営み〜

朝起きて、お母さんだったら、家族の朝ごはんやお弁当をつくり、子どもを学校に送り出す。それから、仕事に行ってと、日々の暮らしの営みが、人生でしょうか?
どんな生き方がしたい?どんなライフスタイルを望んでいる?のかと、自分でもいろいろ情報を得て、探したりしますが、「自分は、本当は、なんのために生まれてきたのだろう?」「本当は、なにがしたくて生きているのだろう?」と、ホントウに、知りたいことは、もっと、なにか、あるように思うのです。
「人生を知るためのコース」(2015年11月)に参加した感想レポートを紹介します。




おもしろかった〜

人、生きるって、どうなっているか、

探るさぐる〜
ずっとやりたかった!ひとりではできんかった。
ゆっくり座って、じっくり1週間も!
こうやって、今も、生きてる、この実際が、何かを。

探ったったで〜!
やった〜!

生きてる実態(実際)、体の実態(実際)、心の実態(実際)。
みんなで、あーかな?こーかな?

生きてる実際ってものすごい。
地球、宇宙規模から体の原子レベルのことまで、
つながってく、つながってく・・・
生きてる実態。

見えない。あるのはわかってたけど・・・。
地球から人、人のなか、体のなかみ、心のなかみ。
みんなの体験や感じたことを出しながら、ふむふむ・・・

わたしは、心のなかみがおもしろかった。
あれ?心って、そもそも安心してるやん、幼かった自分、安心してすべて委せきっていた自分。
それがいろいろ経験から予想したり、やらにゃならんって、安心が見えなくなったりする。
安心は、そもそも、心に備わってるやんって、実感した。

うわぁ、力抜けるわぁ、 ほわぁ〜
こんなん、なんも要らへんやん。

こやって書きながらまた嬉しくなる。

心の作用、満足、満たす満々な状態、満々にしたい作用。
自分ひとりでは満々にはならない。
自分は他から全て、もらってる。
そうやなぁ〜。ほんまそれあるなぁ〜。

心がある。体がある。人が生きるとか・・・
そやけど?なにか?みたいに正体不明やったし、

実際は?とか思っても、はて?みたいに焦点をどこにやったらいいかわからなかったけど、
あてるところを見つけた感じがする。

私のあたまに新たな風がはいって、知るってすごいと実感した。

今、ほんま、そやなぁと思うことも、生活の中で、また、心の作用を実感したり、
また、そやなぁって、実際を見ながら噛みしめたりしたいなぁ。

検討会中
何度もじわじわ涙が、出そうになった。
自分の心の作用、元気でいよういようと、してたんやなぁ。
子どもたちも、けなげやわ。
わたしって、暖かいんや。
みんな暖かいんや、うれしいよぉ〜

自分は今も意識のほうでいろいろあるけど、
実際のほう、あるから安心して、
ゆっくりぼちぼち生きますから、
実際の心、実際のほう焦点あてながら・・・

あ!意識の中のいろんな話、あふれるほど、あるけど、そうゆうのより
実際のこと探っていくほうが、幸せへの近道かもしれないなぁと、今、思った。

ぼちぼち、生きまっせ〜、やりまっせ〜。

あ〜ちょっと自分の頭ン中、整えれた感。
レポート嫌いやったけど、
書きだすとおもしろいなぁ
(30代女性)

Posted by : school-office | - | 18:25 | comments(0) | -
コメント









TOP