<< 「社会を知るための〜」 | main | 探究の旅の始まり >>
出発点
2月のマイライフセミナーは6日〜11日まで開催された。
会社を辞めて、これからの生き方をかんがえている人、
これからNPOを立ち上げて活動を始めようという人、
老年期を前に人生の完成期を考えている人などが参加
した。
さあ、はじまる
(はじめて顔を合わせて、サイエンズスクール研修所へ向かう)

自分とはどういうものか、自分のなかで何が起きているか、
など観察しながら、人間とはどういうものか、人間でつくる
社会はどのように現われてくるかなどを各自観察、出し合い
ながらの5泊6日。
*詳しくは、感想の抜粋をご覧ください。

6日目、コミュニティ見学。
目には見えないが目指しているものに着眼。

コミュニテイの暮らし ストア見学
ストア
 「安心して委ねられる社会で自分らしく暮らす」

コミュニテイの会社の紹介
おふくろさん弁当


マイライフセミナーやってみて。
「これからを描く上で、自分がどんなものか、
人間を知る、このベースが大事だとつくづくおもった」
「今後、どんな活動していくのにも、よりホンモノにしていく
出発点が見えていた感じ。それは、人間として生きるという
ことになる」
などの感想。

さあ、週発

さあ、それぞれ出発です。
また、人間を知り、人間として生きる旅をつづけたいです。


<2月マイライフセミナーやってみて感想ー抜粋ー>

女性 50代
"マイライフセミナー“という名前から想像していた印象は、
私の一生について意味や解釈を考えるというようなものを
漠然とイメージしていました。
ところが、このセミナーでは、私が51年間生きてきた中で
一度も認識したことのない物の見方や捉え方、自分の認識に
向けた思いの巡らせ方を体験しました。
 
“一度も認識したことのない“ということがまず、とても
不思議で、すごいことだと思います。
物事に対して”実際“と”認識“に分けて考える。
認識していることについて、”ほんとうにそうなんだろうか?“
とまた考える。
そう認識していることの意味や、そう認識してしまうのはなぜか?
その認識が自分の行動や考え方にどう反映しているのか?
その認識をこう変えるとどうなるか?とひとつずつ丁寧に思いを
巡らせるプロセスをやる度に、鱗がボロボロおちて来る。
曖昧なまま考えずに放置しておいたことが、ずしずし腑に落ちて
くる。そんな体験の連続でした。
 また、人間が認識していることの不正確さ、感情や前後の文脈に
よる変化や危うさを、知識として学ぶのではなく、時間をかけて
繰り返し丁寧に実体験できたことは何より貴重な時間でした。
このことについては、疑う余地もなくしっかり心に刻まれた思い
です。
今は、1つの物事に注目しては、実際と認識に一つ一つ分けて考えて
みるこのプロセスをゆっくり行ってようやくできている感じはあり
ますが、これから身の回りの事象一個一個に対してもっと時間を
かけて、もっと深くやってみたいという気持ちがとても強くあります。
 

 男性 40代

一番大きな気持ちの変化は、会話が以前よりも楽しめるようになったことでしょうか。楽しみ方が少し変わったのかもしれません。自分の認識した話を聞くのではなく、話し手の話を直接聞こうとしていると、内容もよく入って来るし、話し手の気持ちまで理解し易くなるようです。同じ姿勢で自分の考えを観てみると、これもまた、理解が深まる効果があると感じました。
セミナー2日目の午前中、どうもイライラしている自分に気付きました。今までであれば、他人や環境などの外的要因や、身体や心の調子にその原因を探していたでしょうが、この日は、自分の考え(心の動き?)を観ていました。その結果、「講義に出されたテーマの正解に早く到達したい」という欲求を持っていることに気付きました。正しくなければいけない、早くやらなければいけない、と常に思っているのでした。
これに気付いた後の講義は、イライラすることもなく楽しめました。
受講前に抱えていた問題にも、上記2つの「思い」は強く影響していると感じます。解決の糸口が見えたのでは?と思っています。
このセミナーで、得られた気付きがどれだけ今後の生活で生かせるかは、正直分かりませんが、受講以前と今では明らかに自分の心持ちが違うことを実感しています。明らかに安心し軽くなり、生活を楽しみたいと思っています。







 
Posted by : school-office | マイライフセミナー | 09:23 | comments(0) | -
コメント









TOP